DAW・DTMで使われるマキシマイザーとリミッターの違いとは?!

Tips
DAW・DTMで使われるマキシマイザーとリミッターの違いとは?!

Youtubeに動画もあります!↓

 

Neu Blitz
Neu Blitz
どうもお疲れ様です!
Mr.Kold
Mr.Kold
お疲れ様です!
Neu Blitz
Neu Blitz
NBK LabのNeu Blitzと
Mr.Kold
Mr.Kold
Mr.Koldです!
Neu Blitz
Neu Blitz
ちぇーっす!
Mr.Kold
Mr.Kold
ちぇーっす!
Neu Blitz
Neu Blitz
本日は前回からの話の続きになります。
前回の内容まだ見てないよっていう方は下にリンク貼っておりますので、まずそちらをチェックしてから今回の動画見ると面白いかなと思いますので是非チェックもよろしくお願いします!
前回の記事は以下のリンクより!
魔法のように音が大きくなる!?DAW・DTMで使われるマキシマイザーとは?
NBK Lab第22回目!魔法のように音が大きくなるDAW・DTMで使われるマキシマイザーについて概念的な話などを話しています。

 

Neu Blitz
Neu Blitz
この企画は、DTMユーザーの方、宅録ユーザーの方、1ステップ上の制作を目指してる方向けにTipsとか流していきますので、みなさんチャンネル登録是非よろしくお願いします!

 

Neu Blitz
Neu Blitz
本日、前回に引き続き、質問がありました”マキシマイザー” っていうものについてお話ししていこうかなと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz

”マキシマイザー”といってもいくつかあるじゃないですか?

Neu Blitz
Neu Blitz
”マキシマイザー”全体的な特徴、機能、マキシマイザーと比較されやすいプラグインとかの話もやっていこうかなと。

 

 

「OUT CEILING」について

Neu Blitz
Neu Blitz
今ばっと大きく2Mixのトラックがあります。
2Mixのトラックのマスターに色々なエフェクトを挿してるんですけど、実際に僕がマスタリングしたデータなんですよ。
Neu Blitz
Neu Blitz
この1番最後にL2とか3つ程、今日説明しようかなと思って挿してる状態です。
Neu Blitz
Neu Blitz
実際に見てみようかなと思うんですけど、これがMr.Koldが驚いたというプラグインWAVESのL2でございます!

Waves Audio - 日本 - L2 Ultramaximizer
ミキシング、マスタリングなどの作業に最適な、先行ブリックウォールピークリミッティング、レベルマキシマイゼーション及び超高解像度すべてをL2に融合。この伝説的なコン
Neu Blitz
Neu Blitz
まず皆さんに知ってもらいたいと思うのは、1番最後に挿す理由として1番重要じゃないかと思うこの“OUT CEILING”っていう所ですね。

Neu Blitz
Neu Blitz
今-0.1っていう設定にしてます。
これは音量が-0.1以上にならないような設定です。
Neu Blitz
Neu Blitz
音楽されてる方はわかると思うんですけど、プロもアマチュアも初心者も皆んな出せる音の限界は決まってるんですよ。
何dBでしょうか?
Mr.Kold
Mr.Kold
0dB?
Neu Blitz
Neu Blitz
そうです!最高は0dBです!
0dBを超えちゃうとクリップと言って赤い点が付きますよね。
いわゆる音が割れるっていう現象が起きます。
Neu Blitz
Neu Blitz
実際小さい音で聴いてたらわからなかったりするんですけど、スピーカーとかで大きい音で聴くともう音がバホバホバホとか鳴ってたりします。
なので必ず0より上にいかないように!
Neu Blitz
Neu Blitz
これは皆一緒なんですよ。
唯一の平等だと思ってます。
Neu Blitz
Neu Blitz
マキシマイザーを1番最後に挿す理由は、この数値を設定して音量を0dB以上にいかさないことです!

 

 

OUT CEILINGを設定してもクリップする場合

 

Neu Blitz
Neu Blitz
1個だけ僕もちょっとしたミスでどんだけやっても赤点付いた事あるんですよ。
もし、こういうのを挿してリミットを超えた場合のトラブルシューティングになればなと思うんですけど
Neu Blitz
Neu Blitz
1番最後2Mixのこのフェーダーがあるじゃないですか。
2Mixのフェーダーを0以上にしてしまった場合、OUTのCEILINGを小さくしても超えちゃいます!

Neu Blitz
Neu Blitz
僕本当に分からなくて「何でだ?何でだ?何でだ?」ってなってましたw
しかもこれもまたちょっとのミスで上げてたんですよ。
Mr.Kold
Mr.Kold
ありますねw
Neu Blitz
Neu Blitz
リミッター、マキシマイザーとか挿してて、OUT CEILING -0.1とか0にしてるのにどうしても赤点が付くっていう時は、是非2Mixのフェーダーをチェックしてみて下さい。
これで多分大体解決すると思います。

 

 

OUT CEILINGの値について

 

Neu Blitz
Neu Blitz
このOUT CEILINGっていう所をまず大体-0.1とか0とかにしますね。
Neu Blitz
Neu Blitz
Mr.Koldはどれぐらいにします?
Mr.Kold
Mr.Kold
意外と僕はちょっと余裕を持たせて-0.5とかにします。
様子ちょっと見るかなみたいな。
Neu Blitz
Neu Blitz
正直これに関してはどっちでも間違いは無いので。
-0.5になると少し人よりも音が小さくなるなーぐらいです。
実際の音が大きいなって思う理由についてはアウトプットのレベルじゃないんですよね。
そこはちょっとまた後で少し話したいなって思うんですけど。
Neu Blitz
Neu Blitz

OUT CEILINGについてはこんな感じです。

 

「THRESHOLD」について

Neu Blitz
Neu Blitz
あと、よく付いてるのがこの”THRESHOLD”っていうやつですね。
今、-6.0で設定してます。
Neu Blitz
Neu Blitz
このTHRESHOLD値っていうのは2Mixのサウンドが-6dB以上になった時に音を圧縮するという事ですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
音量が小さい2Mixだと-6.0dBに当たってなかったら全くと言って良い程マキシマイザーの効果が無いです。
Neu Blitz
Neu Blitz
ある程度の音量が出てる状況でやらなきゃいけないって部分もありますし、
もし小さかった場合はTHRESHOLD値をもっと下げていけないと思った効果が出ないこともあります。
ご自身の2Mixに合わせてTHRESHOLD値を調整していった方が良いかなと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz
マキシマイザーを挿す手前までの音量を見ながら決めていくっていうのがすごく大事になってくると思います。

 

 

「RELEASE」について

Neu Blitz
Neu Blitz
あとは”RELEASE”っていうのがあります。
Neu Blitz
Neu Blitz
”RELEASE”っていうのはTHRESHOLD値を下回った時にどれぐらいの速さで掛かりがなくなっていくかっていう事です。
Neu Blitz
Neu Blitz

これについては大体オート又は既存の数字でも良いかなって思ってます。

Neu Blitz
Neu Blitz
色々触ってみても良いかなと思うんですけど、
この数字を上げ過ぎると戻って来る事が遅くなって、ずっと掛かり過ぎてる状態になっちゃうのそれはちょっと避けた方が良いかなと。
Neu Blitz
Neu Blitz
どっちかと言うと少し速めにやってみる方が良いと思います。
ちょっと遅くするのとかは良いかもしれないですけど、一気にやり過ぎると、ずっともたって掛かってる感じがするのであまりオススメじゃないです。

 

 

「ATTEN」「リダクション」について

Neu Blitz
Neu Blitz
この”ATTEN”っていうところが”リダクション”ですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
サウンドを鳴らすとTHRESHOLD値を超えた音が圧縮されてどれぐらいリダクションしてるのかをここで確認する事が出来ます。
Neu Blitz
Neu Blitz
この数字が大きければ大きいほど全体的な音量が上がり過ぎてるのを天辺の方でずっと圧縮、リダクションしてる事になっちゃうのでこれもあんまり良くないですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
大体言われてるのがマキシマイズした時に-3ぐらいになるのが一般的という感じなんですけど…
これも楽曲によりけりなんですよ、正直。
だから一概には言えないんで大体の目安として見てもらえればなと思ってます。

 

 

その他の機能について

 

Neu Blitz
Neu Blitz
あとは”QUANTIZE””DITHER”とか色々あるんですけど、これ付いてないのもあるのでちょっと割愛させて頂きます。
Neu Blitz
Neu Blitz
大体は今言った4つの構成で出来てるんですよね。
これがマキシマイザーとしての効果を生み出してるものになります。
Neu Blitz
Neu Blitz
実際に触る所っていうのは、CEILINGとTHRESHOLDだけかな
Neu Blitz
Neu Blitz
めちゃくちゃ細かくやりたかったら触っても良いと思うんですけど、”ATTEN”は、勝手に動くリダクションメーターなので、触るとしたら後は”RELEASE”ぐらいしかないかなっていうのが個人的な印象です。

 

 

「リミッター」について

IK Multimedia - Brickwall Limiter
IK Multimedia - Brickwall Limiter
Neu Blitz
Neu Blitz
同じように比較されやすいのがこの”リミッター”です。
Neu Blitz
Neu Blitz
実際、昨今のプラグインだとリミッター自体でマキシマイザーと同じ効果が出ちゃうというのもあるじゃないですか。
Neu Blitz
Neu Blitz
お使いのDAWによってはマキシマイザーが入ってないやつもあるじゃないですか。例えばLogicだったら入ってないですよね、Dynamicsの所に確か入ってないと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz
それだとリミッターがマキシマイザーの代わりになるかなってっていう部分もありますので、もしマキシマイザーが無いけどマキシマイザーの効果を実感したい、今あるプラグインでマキシマイザー無いっていう場合は、是非リミッターを使って欲しいなと思います。

 

Neu Blitz
Neu Blitz
リミッターの場合もこっちにOut Ceilingっていうのがあるんですけど、
今、-0.1dBに設定していますけど、ご自身のサウンドに合わせてやってください。
Neu Blitz
Neu Blitz
これもうどんだけやっても0dBなんです。
最大が0dBなので音を0dB以上でクリップさせないっていうのが1番の目的なんですよ。
それに合わせて作ってるから0dB以上っていうのはまずそもそも設定が出来ないのでこれを1番最後に挿してる時点で、音割れの危険は回避出来てるのかなっていうのがあります。

Neu Blitz
Neu Blitz
このInputっていう所が所謂THRESHOLDに似てるかなと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz
THRESHOLDっていうのは決めた音量を上回った時に効果を出すものなんですけど、この場合はInputって音量を0dBにわざと上げて、Out Ceilingの数字を超えた時点からリダクションが始まるっていう考え方です。
Neu Blitz
Neu Blitz
これに関しては、クラシックコンプレッサーで良くある考え方ですよね。
クラシックコンプレッサーで「これTHRESHOLD無いじゃん」っていう時はこれと同じ効果です。
Neu Blitz
Neu Blitz
これを知りたいよって方は是非コメントくれたら解説したいと思います!
Neu Blitz
Neu Blitz
2Mix自体が0dBっていう所まで上げきってなかった場合は、Inputのゲインを入れて上げる事でそれより大きくなってくる部分をリダクションしてマキシマイザーと同じ効果を出そうという事です。

Neu Blitz
Neu Blitz
これの場合は”Attack Time””Release Time”があるので、AttackとReleaseも決めれます。
Out Ceiling以上の音量になった時にどれぐらいの速さで効果を出すのか、その音を下回った時にどれぐらいの速さで戻すのかっていうのを設定する事が出来ます。
AttackとReleaseすごく重要な感じになると思いますので、是非気になる方はこっちをちょっとずつ触ってみながらやってみるのも良いかもしれないです。

 

 

“マルチバンドマキシマイザー”について

Waves Audio - 日本 - L3 Multimaximizer
デジタルの世界では絶対にあってはならないクリッピングを回避しながら、全体的な音圧を最適化したい。そんなミックス最終段階やマスタリング時に欠かせない存在となってい
Neu Blitz
Neu Blitz
あと1個ちょっと曲者なんですけど、これです!
WAVES社が出してるL3のマルチバンドマキシマイザーです。
これ使いますか?
Mr.Kold
Mr.Kold
うーん、まだ僕は使いこなせないですね。
難しいですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
これ使ってる人はハードコア…じゃないかなと
Mr.Kold
Mr.Kold
でも、エンジニアとかすごい人達は使っているんじゃないですかね?
Neu Blitz
Neu Blitz
多分ね、普通に使ってると思います。
僕らはそこまで使う程のレベルじゃないので使わない事の方が多いというか、まず、使った事も無いw
そんな事言いながらこれの説明をするのもどうかなと思うんですけど…
Neu Blitz
Neu Blitz
これの場合はマルチバンドなので決めた周波数帯に応じてマキシマイズすることができます。
周波数帯の数値を決める事が出来るので、例えば低音の部分をどういう風な量でマキシマイズするのか、中低音をどうするのか、中音とか中高音、高音をそれぞれ自分の思ってる量のマキシマイズをする事が出来ます。
Neu Blitz
Neu Blitz

さっきのL2や普通のリミッターに関しては音全体をやっちゃうので

飽和し過ぎる場合があります。
Neu Blitz
Neu Blitz
だけど周波数帯でここの帯域だけ良い感じでマキシマイズしたいと思う時に関してはマルチを使用するのが良いのかなと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz
2Mixである程度出来てればさっきの2つのリミッターか普通のマキシマイザーで十分だと思うんですけど、2Mixにマキシマイザー掛けて思ったような効果が得られない、周波数帯毎に掛けてみようと思うんだったらマルチを触ってみるのが良いのかなと思いますね。

 

 

昨今の”リミッター”と”マキシマイザー”について

 

Neu Blitz
Neu Blitz
正直、昨今リミッターとマキシマイザーの差がほとんど無いです。
Neu Blitz
Neu Blitz
「じゃあ、リミッターって何の為にあったの?」って言われると、元々はピークを防ぐ為のものだったんです。
だからOut Ceilingしか本当は無かったんですよ。
それが何か色んな機能がこう入って来ちゃって気づいたらもうマキシマイザーと変わらないんじゃんっていう。
Neu Blitz
Neu Blitz
本当は皆さんに”THE リミッター”を見せたかったんですけど、一昔前のDAWの標準だとわかりやすいのがあったりしたんですけど、今はもうほとんどこういう風な機能が付いてるので、お使いのDAWが最新版だったらほぼマキシマイザーと同じ効果をリミッターで得られるので、マキシマイザー持ってないよって方、是非リミッターで試してみても良いかなと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz
本当にすごい単純でシンプルなツマミとかだけど、ちょっとしたことですごい大きな効果が得られるっていうのは魅力ではあるんだけど、やり過ぎには注意ですね。
Mr.Kold
Mr.Kold
まぁー…カッコ良くなっちゃいますからね。
Neu Blitz
Neu Blitz
そうなんですよねー。
この音圧戦争に対抗するには必要なプラグインではあるんですけど、音圧を稼ぎたいから過剰に掛けるっていうのはちょっと違うかなっていうのはあります。
Mr.Kold
Mr.Kold
(かけ過ぎると)ダイナミクスレンジ死にますからね。
Neu Blitz
Neu Blitz
だから全体的にダイナミクスを大きくし過ぎるとそういう風な事になり兼ねないので、しっかり耳で聴きながら確かめてみたら良いんじゃないかなって思います。
そうする事できっと掛け具合っていうのが楽曲毎に違うなっていうのも分かるだろうし。
Neu Blitz
Neu Blitz
例えばこの設定を維持したまま掛けたいと思ったら2Mixの作り方っていうのもだいぶ変わってくると思いますので、その辺もとか色々とご自身でお試しになって色々な設定をやってみるのが1番良いと思います。
Neu Blitz
Neu Blitz
僕が今やっている設定が正しいわけでもないし、この曲だとこの設定っていうだけなので、他の曲だと全然違う設定もありますから是非やってみてから研究してみて下さい。

 

 

まとめ

 

Neu Blitz
Neu Blitz
はい、ということで、こんな感じで今回はマキシマイザーと似てるプラグインとしてリミッターの紹介をねさせて頂きました。
どうでしたか?
Mr.Kold
Mr.Kold
あれですね。。。
僕、L2しか挟まないんでw
Neu Blitz
Neu Blitz
本当生粋のL2好きなんだ?w
Mr.Kold
Mr.Kold
L2最高ー!って言いながら使ってますからねw
Neu Blitz
Neu Blitz
でもね、マジで間違ってないから。
マジで間違ってない。
Neu Blitz
Neu Blitz
でも僕も本当に好きですね、L2は。
WAVESのねGOLDバンドル(Platinumバンドル)から入ってるんですかね?
Mr.Kold
Mr.Kold
そうっすね、GOLDぐらいから(Platinumバンドル)から入って来ますね。
Waves Audio - 日本 - Platinum
モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表す
Neu Blitz
Neu Blitz
よくセールもしてたりとか(GOLDは)1万円切る時もありますよね
Neu Blitz
Neu Blitz
昔はね、これもうマジで無かったからね。
5万ぐらいだったでしょ?セールして3万ちょっととかだったのが。
今はそれぐらいの値段でも入ってたりしますし、Black Fridayだったりとか色んなセールでちょっと狙えるのかなと思いますので、サードパーティちょっと考えてる方はWAVESのL2触ってみるのも良いんじゃないかなって思います。
Mr.Kold
Mr.Kold
L1とかでも良いですけどね!
Neu Blitz
Neu Blitz
WAVESのLシリーズは結構良い感じで出来ます。
僕も良く使ってるマキシマイザーなので間違いはないかなっと。
試すっていうか普通に楽曲に適用してめちゃくちゃカッコ良くなるから魅力しかないんですけど。
是非皆さん、検討してみて下さい!
Neu Blitz
Neu Blitz
次回は実際にちょっとマキシマイズっていうのを体験してもらおうかなと思っておりますので、次の動画も楽しみにしてて下さい。
Neu Blitz
Neu Blitz
また次回の動画で会いましょう!
じゃあね!
Neu Blitz
Neu Blitz

ちぇーっす!

Mr.Kold
Mr.Kold

ちぇーっす!

疑問、リクエスト、感想などありましたら、コメントやお問い合わせよりよろしくお願いします!

Youtubeに動画もあります!↓








コメント欄 (質問、感想などご気軽にどうぞ)

タイトルとURLをコピーしました