DTM・DAWのミックスのやり方とは? 使用プラグイン:リバーブ / ディレイ編-

Tips
DTM・DAWのミックスのやり方とは? 使用プラグイン:リバーブ / ディレイ編-

Youtubeあこちら↓

 

Neu Blitz
Neu Blitz
どうもお疲れ様です!
NBK LabのNeu Blitzと
Mr.Kold
Mr.Kold
Mr.Koldです!
Neu Blitz
Neu Blitz
ちぇーっす!
Mr.Kold
Mr.Kold
ちぇーっす!
Neu Blitz
Neu Blitz
前回ミックスダウンの話をしてまして、EQ、コンプレッサー、ディエッサーなど各フェーダーにインサートするプラグインを中心に話をさせて頂きました。
前回の動画↓
DTM・DAWのミックスのやり方とは? 使用プラグイン:EQ(イコライザー)/コンプレッサー/ディエッサー編-
NBK Lab第29回目!ミックスのやり方を説明!今回はEQ(イコライザー)、コンプレッサー、ディエッサーに関するTipsなどの話をしています!

 

Neu Blitz
Neu Blitz
そこからちょっと日が空いてしまって…
理由が映像に不備がありましたので、今回撮り直しという事で少し日を空けてしまったんですけど、それに関しては楽しみにしていた皆さん本当に申し訳ございませんでした。
Mr.Kold
Mr.Kold
申し訳ございませんでした。
Neu Blitz
Neu Blitz
今後ももしかするとこういうことがあるかもしれないので、その際は早めに撮り直ししてアップロード出来るようにしますので、今後も楽しみにしてもらえたらなと思っております!
Mr.Kold
Mr.Kold
よろしくお願いします!

 

Neu Blitz
Neu Blitz
はいということで、この企画はDTM始めた方、宅録ユーザーの方、1ステップ上の制作を目指してる方向けにTipsなどを流していきますのでチャンネル登録もよろしくお願いします!

 

Neu Blitz
Neu Blitz
オープニングでも話したんですが、前回は各フェーダーのインサートするエフェクトが多かったんですけど、今回は各フェーダーにインサートする事もしばしばありますが、大体はAUXトラック、センドリターンと言われてるものを使う皆さんもね、気になってる…「空間系」についてお話したいなと思っております!
Neu Blitz
Neu Blitz
ミックスでは欠かせないですよね。
各フェーダー系と空間系と2つ多分技術が分かれると思うんですけど、この空間系を上手く使えるようになると、Z軸・奥行き感っていうのを演出出来るので、すごく楽器やボーカルの配置場所を色々とコントロールする事が出来るのですごく大事な技術になるのかなと思っております!
Neu Blitz
Neu Blitz
よく使う空間系としては?
Mr.Kold
Mr.Kold
「ディレイ」「リバーブ」でしょうか?!
Neu Blitz
Neu Blitz
はい!ほぼほぼこの2強ですよね。
Neu Blitz
Neu Blitz
色んなディレイがあって色んなリバーブがあると思うんですけど、今回は前回のプロジェクトに使用してる空間系を皆さんに紹介していこうかなと思っておりますので、最後までご覧頂ければと思っております!

 

 

ショートリバーブについて

Neu Blitz
Neu Blitz
ということで、今回使った空間系、何からいきますか?
Mr.Kold
Mr.Kold
最初やっぱ1番ポピュラーな「リバーブ」から!
Neu Blitz
Neu Blitz
リバーブと言えば簡単に言うと何ですか?
Mr.Kold
Mr.Kold
空間の反射音の話ですか?!
Neu Blitz
Neu Blitz
間違ってない!響きですね!
ちょっとリバーブを見てみたいなとは思うんですが…
Mr.Kold
Mr.Kold
今回はボーカルメインで話を進めていくんですけども、
ボーカルに使っているリバーブは2種類使ってまして、Logic Pro X標準のSpace Designer、ChromaVerbっていうのを使ってます。
Neu Blitz
Neu Blitz
もうまさに標準のね、上等なやつ!
Mr.Kold
Mr.Kold
そのChromaVerbを開いていきましょうか。
リバーブはショートリバーブとロングリバーブの2種類使ってます。
ショートに関してChromaVerbを使ってます。
Mr.Kold
Mr.Kold

本当にボーカルにちょっと響きが乗るかなぐらいの感じで使っております。

Neu Blitz
Neu Blitz
ちょっとドライとショートリバーブをONで聴いてみましょうか
Mr.Kold
Mr.Kold
ボーカルにちょっと絡みつくかなぐらいの感じですかね
Neu Blitz
Neu Blitz
そうですね。
しかも特にこの中音域辺りに響きが集中してるなってイメージがありました。
だから1番ボーカルが出てるところに対してリバーブ成分が付いてるのかなっていうイメージですね。
Mr.Kold
Mr.Kold
じゃあ、次はロングリバーブにいきますか

 

 

ロングリバーブについて

Mr.Kold
Mr.Kold
これがロングのSpace Designerで作ってるロングリバーブです。
最初にオンの状態から。
Neu Blitz
Neu Blitz
何かさっきとは全然違いますね、やっぱり。
近くで鳴っているというよりかは、遠くに響かせようとするリバーブのイメージが出たと思うんですけど。
Neu Blitz
Neu Blitz

今回はさっきも言ってたけど2つ使ってるいるって事なんで、ショートとロング2つも混ぜてる感じなんですよね?

じゃあ2つを混ぜてみましょうか。

Neu Blitz
Neu Blitz
さっきのそのロングのやつだけだと伸びの所に掛かってる感じがする。
ショートだけだとすぐ近くで速く返って来てる気がするっていう感じがするじゃないですか。
それが2つ合わさると、良い感じで遠くと近くが響いてこう…THE リバーブっていう感じはしますね。
Mr.Kold
Mr.Kold
ショートとロングを使っている理由として、ロングリバーブの効果はそのまま生かしたいんだけど、リバーブ感をもっと出したいっていう時にショートリバーブだけを上げるとリバーブ感が強調出来るっていう効果もあるんで、そういう意味でちょっと量を変えたりしてますね。
Neu Blitz
Neu Blitz
結構大事な演出ですよね。
僕も結構ショートとロングを同時掛けする事がほとんどそれなんですけど、こういう風な演出をする事が出来るんで、基本的にロングのリバーブを掛けると結構それっぽく聴こえるんだけど、近場での響きっていうかその最初の速い返しがやっぱりあるだけでも、ゴージャス感というかが演出出来るっていう所もあるじゃないですか。
それもあって今回こういう風な掛け方してるのかなっていう印象ですね。
良いと思います!

 

 

ディレイの効果について

Mr.Kold
Mr.Kold
次はじゃあディレイいきましょうか
Mr.Kold
Mr.Kold
(以前は)僕ディレイ掛けた事なかったんですよ
Neu Blitz
Neu Blitz

あっ、そうなの?

Mr.Kold
Mr.Kold
ほとんどリバーブしか使ってなかったんで、ボーカルにリバーブ入れる度にどんどん遠くに行ってしまうという…汗
Neu Blitz
Neu Blitz
そう、そうなんですよ。
今まだミックスをそこまで詳しくやってない方はリバーブっていうのはわかるかもしれないんですけど、ディレイを同時掛けするっていう効果があんま分かんない方に向けてちょっとだけ知識のお話をすると…
Neu Blitz
Neu Blitz
リバーブを強く掛ければ掛けるほど、そのサウンドは凹んでいくんですよね。
何か遠くに行くっていうかそれが響きを足している理由にはなってくるんですけど、響きを足すとそういう風に聴こえるっていう、その聴覚的な錯覚というかそういうのがあるんですよね。

リバーブを足すとゴージャスになる

⬇️

だからいっぱい掛けたいけどその代わりに音が凹む

⬇️

自然とボリュームを上げちゃう

⬇️

そうする事でミックスのバランスが崩れてくる。

 

Neu Blitz
Neu Blitz

これがすごく難しい所なんですよ。

Neu Blitz
Neu Blitz
リバーブを掛けた後にそれを補う為に大事なあと1個の作業として、ディレイを使うんですよね!
「ディレイを使うと前に出てくる」
その空間演出をした状態で前に出てくれるという素晴らしいディレイの錯覚技術があるんですよね。

 

 

ショートディレイについて

Neu Blitz
Neu Blitz
その中でも今皆さんに紹介するのが、1個目のディレイとして
短いディレイです!
Mr.Kold
Mr.Kold
ショートディレイとも言いますね。
これはLogic標準なんですけど

 

Mr.Kold
Mr.Kold
ステレオディレイで左が20.0msで右は30.0msで返って来ます。
Neu Blitz
Neu Blitz
両方がもうすごい速さで返ってくるという
Mr.Kold
Mr.Kold
そうですね。
ちょっと劣化させて影感を出したいのでローとハイをちょっと切っています。
120Hz以下と3900Hz以上を切ってます。
Neu Blitz
Neu Blitz
ハイを結構切ってますね
Mr.Kold
Mr.Kold
そんな感じで使っております!
じゃあこれもショートディレイのみを入れた状態で鳴らしてみます。
Neu Blitz
Neu Blitz
大きな変化は多分わからないかもしれないですけど、若干だけど太くなるかなっていうイメージです。
Mr.Kold
Mr.Kold
ちょっとオンオフします?
Neu Blitz
Neu Blitz
オンオフで聴いてみますか。
皆さんもわかりづらいかもしれないので。
ショートディレイON/OFF(OFFの状態から)
Mr.Kold
Mr.Kold
本当にでも気持ちですね
Neu Blitz
Neu Blitz
気持ち太くなったなっていう感じしますね。
このショートディレイと、あと1個のディレイっていうのは?

 

 

タップディレイについて

Mr.Kold
Mr.Kold

次がタップディレイです!

 

Mr.Kold
Mr.Kold
今度はビートに合わせたディレイですね。
BPMにシンクするようにしてます。
Mr.Kold
Mr.Kold
これもLogicの標準で左が4分音符で右が8分音符でディレイが返ってくるようになってます。
これもちょっと劣化させて、ローカット、ハイカット入れて劣化させるようにしてます。
Neu Blitz
Neu Blitz
ちょっと時間差があって返って来る感じ。
山彦みたいな感じなんですよね。
Neu Blitz
Neu Blitz
じゃあまずは聴いてみましょうか
Neu Blitz
Neu Blitz
典型的な山彦ですね!
劣化してるからそこまで目立たないけどソロで聴いたらめっちゃわかるけどっていう。
これがリバーブで凹んだサウンドに対して前に出す為にすごく必要なぐらいの量というか…
Neu Blitz
Neu Blitz
結構思ってるより僕は(量を)入れるんですよ。
ソロで聴いたら何かおかしいんじゃないかなって、多分皆さんも今聴いててこんなに山彦なってるけど大丈夫?って思ったかもしれないですけど、トラックと合わせると、全然ね、違和感無く混ざるというか。
これがまた不思議なんですけどねw

 

 

空間系全体のサウンドを体感

Neu Blitz
Neu Blitz
今リバーブとディレイ別々で聴いてもらったんですけど、今度は今回掛けてるの全部合わせてどんな感じになるのかっていうのをちょっと聴いてみましょうか
Neu Blitz
Neu Blitz
聴いてもらったら分かると思うんですけど、ドライの時よりかは前にまた出て来たなっていう感じがします!
これがディレイをやる事で得られる効果というか…ここがすごい所なんですよね。
Mr.Kold
Mr.Kold
単純にこの音だけ聴いたら、やり過ぎというか絶対違和感出るだろって思うんですけど意外と楽曲に混ぜると…
そのバージョンもやってみますか?
Neu Blitz
Neu Blitz
そうですね!
Mr.Kold
Mr.Kold
トラックとボーカルだけにして、ボーカルに最初にショートリバーブ、次ロングリバーブ、ショートディレイ、タップディレイの順でどんどん入れていこうと思います!
原音 → ショートリバーブON → ロングリバーブON→ ショートディレイON →タップディレイON
Neu Blitz
Neu Blitz
改めてこうやって聴くと、すごい効果実感しますね。
Mr.Kold
Mr.Kold
僕も今すげぇなと思いました!
リバーブを2発入れたら、ボーカルだけフって遠くに行っちゃうんですけど、ディレイをまたポンポンって入れると、ポンポンってボーカルが帰って来ますよね。
Neu Blitz
Neu Blitz
そうなんですよね。
これがまた空間演出の面白い所ではあるんですよ。
尚且つ、更にこのトラックのこの豪華さに負けない、空気、エアー感っていうのが足されて全体的にすごく馴染む
Neu Blitz
Neu Blitz
ソロで聴いた時にあんだけいっぱい山彦も返って来てたけど、トラックと合わせると、その違和感がほとんど無い。
演出によってはタップディレイを強めに返して、楽曲の中で返しを大きくしたりっていう事もするんですけど、メインに掛ける場合はこれぐらいの量が多分適正値かなっていう感じはしますね。
Neu Blitz
Neu Blitz
最初にドライから流したけどね、ドライからどんどんどんどんトラックに馴染んでいくっていうこの感じを、皆さんも見てて、聴いてて感じてもらえたらなと思っています

 

 

リバーブの注意点など

Neu Blitz
Neu Blitz
ちなみに注意点とかあったりしますか?
Mr.Kold
Mr.Kold
まぁありきたりではありますけど、リバーブで結構ローカット入れるとかそういう風に色々あるんですけど…
カッコ良かったら良いよねっていうのもあったりしますねw
Neu Blitz
Neu Blitz
僕が補足すると、個人的にミックスする時はローは結構ねEQでカットする事が多いです。
Neu Blitz
Neu Blitz
ハイは今回のやつは下がってますけど、僕は上げる事が多いです。
Mr.Koldと僕のミックスってやっぱり個人差があるじゃないですか。
僕どっちかって言ったらキラキラした感じするんで、それ考えるとハイをやっぱりリバーブの所でも上げて演出するって事は結構あったりします。
Neu Blitz
Neu Blitz
これはご自身の楽曲の好みだったりとか楽曲の傾向にもよると思うので色々個人で試してもらいたいなとは思うんですけど、
リバーブを挿した下にEQを挿してそのEQでローカットしたりとかハイシェルピングしたりとか、もしくはピーキングでここを強調したいなっていう所を広めに、尚且つ、あんまり大きくじゃなく少しだけ上げてあげたりとかしながら、このリバーブの空間を作ってボーカルに混ぜるっていうのも結構面白かったりするし、それが個性だったりするのかなと思います。
リバーブも音色なんで。
Neu Blitz
Neu Blitz
でも今回はね、中音域を中心に上げているので…
Mr.Kold
Mr.Kold
僕、多分プリセット聴いて曲の雰囲気がちょっと暗めのイメージだったので、そのイメージに多分合わせてプリセットを多分選んでたんだろうと。
そして、選んだプリセットが「Guitar Chamber」っていう…
なんでギターなんだよって、今自分で見て思ったんですけどw

Neu Blitz
Neu Blitz
でもこのプリセットの名前はいっぱいあるんですけど、効果に関しては必ずギターって書いてあるからギターではないんでw
ギターだったらオーソドックスにこれを使ってるよって話だから、それをボーカルに使って面白い演出が出来るんだったら、それはそれでありかなっていうのが個人的には思うので、別に今回に関してはこれが間違いっていう訳ではなくてただ合ってたっていう結論だと思います!
Neu Blitz
Neu Blitz
だから楽器に関しても皆同じ事が言えるんですけど、こんな感じで作っていかなきゃいけないのかなっていうのがありますので、こういう風な感じでダブル掛けみたいな、結構1個だけで終わらせたりとか、インサートだけで終わらせたりとかっていうのはあるかもしれないですけど
Neu Blitz
Neu Blitz
今回はAUXトラックっていうのを実は作ってやってはいるんですよ。
センドリターンを今回使ってやってるんですが、ちょっと時間の関係上センドリターンについては今回の動画では紹介出来ないんですが…
ちなみにセンドリターンについてはインターネットで色々調べたら出て来ると思います!
そして、NBK Labでも紹介して欲しいっていうのがありましたら、また別で動画作ろうかなと思っておりますので、センドリターンについてもし聞きたいなっていう方いらっしゃればコメント欄までよろしくお願いします。

 

 

まとめ

Neu Blitz
Neu Blitz
はい、ということで本日は空間演出についてなんですけど、ボーカルの空間を皆さんに体験してもらいました!
基本的にはこういう風な使い方というか、こういう風な感じ方をわかってもらえたらなっていうのが、今回の動画のテーマだったので!
Neu Blitz
Neu Blitz
リバーブ、そしてディレイ、色々と皆さんなりに掛けてみながらどんなのが1番この楽曲に合ってるのかっていうのも含めて、この自分の楽曲に合ってるのかっていうのも含めて色々と試してもらいたいなっていうのがあります。
キャラクターが色々ありますので、今回は一応Logic標準のを使ってますけど、サードパーティとかでももう全然また違いますし。
Neu Blitz
Neu Blitz
僕は結構WAVESのH-Reverbっていうのを良く使わせて頂いています!
Waves Audio - 日本 - H-Reverb Hybrid Reverb
音楽の世界でも、新しい技術が、新たな創作手法を生み出すことが多々あります。このH-Reverbは、有限インパルス応答(FIR)技術を応用したリバーブ・プロセッサーで、美し
Neu Blitz
Neu Blitz
ChromaVerbも良く使うんですけど、H-Reverbを良く使っているって感じですね。
全くHの仕事をさせてないんですけどw
Mr.Kold
Mr.Kold
ハイブリット感が無いw
Neu Blitz
Neu Blitz
ここに関してはね、色々と皆さんにお伝えしたい事もっともっといっぱいあったりとか、聞きたい事ももっともっとあるとは思いますので、是非気軽にコメント頂けたらなと思っています。
よろしくお願いします!
Neu Blitz
Neu Blitz
では、また次の動画でお会いしましょう!じゃあね!
Neu Blitz
Neu Blitz

ちぇーっす!

Mr.Kold
Mr.Kold

ちぇーっす!

疑問、リクエスト、感想などありましたら、コメントやお問い合わせよりよろしくお願いします!

Youtubeはこちら↓

コメント欄 (質問、感想などご気軽にどうぞ)

タイトルとURLをコピーしました