Youtube ショート、インスタ、TikTokなど各SNSへの投稿で今熱い投稿方法は縦動画!

Tips
Youtube ショート、インスタ、TikTokなど各SNSへの投稿で今熱い投稿方法は縦動画!

Youtubeはこちら↓

 

Neu Blitz
Neu Blitz

どうもお疲れ様です!

NBK LabのNeu Blitzと

Mr.Kold
Mr.Kold

Mr.Koldです!

Neu Blitz
Neu Blitz

ちぇーっす!

Mr.Kold
Mr.Kold

ちぇーっす!

 

Neu Blitz
Neu Blitz

この企画はですね、DTM始めた方、宅録ユーザーの皆さん、1ステップ上の制作を目指してる皆さん向けにTipsなど流していくますのでチャンネル登録もよろしくお願いします!

 

Neu Blitz
Neu Blitz

今回はちょっと音楽からまた外れて、音楽作るのは僕らもやっているし、皆さんやられてると思うんですよ。

その音楽を世の中に発表する時に、Music Video・Lyric Videoとか何かしらのビデオを作って発表する事がここ最近増えてるんじゃないかなと思うんですよ。

その中でもビデオを付けて発表する時「どういう風にやるのが今熱いのか?」っていうのを話していこうかなと思ってます。

Neu Blitz
Neu Blitz

ちなみにどういう風にやるのが良いのかっていう所なんですけど、最近僕が良いなと思ってるのが、縦動画で出す!

 

動画は縦で出すのが熱い!

Mr.Kold
Mr.Kold

矛と盾?

Neu Blitz
Neu Blitz

いやいや、そうじゃなくてw

横と縦の。

Mr.Kold
Mr.Kold

あー、横と縦!

矛と盾じゃなくて横と縦ね!w

Neu Blitz
Neu Blitz

最近Youtubeでも縦動画を出すのが良いんじゃないかなって思ってるんですよ。

Youtube自体で縦に表現してる動画も増えて来たりとか。

Mr.Kold
Mr.Kold

あ!あれとかですか?!

Youtube Shortでしたっけ?

Neu Blitz
Neu Blitz

あ、そう!

Youtube Shortだったりとか。

あとはInstagramで言ったらReels

Twitterも縦に対応しましたよね!

あとはTikTokとかそういうので縦動画がめちゃくちゃ今熱いと思ってるんですよ!

 

 

縦動画が熱いその理由とは?

Neu Blitz
Neu Blitz

縦動画が個人的に熱いなって理由として

Neu Blitz
Neu Blitz

iPhoneとかスマートフォンって縦長じゃないですか。

皆さん使う時って大体、縦でSNSを見ますよね?

横にしてSNSを見る人いないじゃないですか。

Neu Blitz
Neu Blitz

Youtubeに関しても検索する時は縦で見て、始まったら横にする方もいらっしゃると思うんですけど、縦動画を配信すれば縦いっぱいに映像が大きく見れるんですよ!

Neu Blitz
Neu Blitz

普通のHDだと1080×1920じゃないですか。

HDを縦で見ると3分の1ぐらい真ん中で出る事が多いんでどんだけ綺麗な映像出してもアイキャッチとして迫力がちょっと弱いんですよ、3分の2は空いちゃうんで。

その3分の2を例えば文字媒体を打ち込むとかだと埋める事は出来るんですけど普通に投稿しただけだとやっぱり弱いんですよね。

(画面内で)黒い場所が大きくなっちゃうんでその中で光ってる場所が小さいと雰囲気が伝わらないんですよ。

Neu Blitz
Neu Blitz

景色全体を入れる場合は、横動画をオススメしたいんですけど、歌ってる場合、MVとか特に被写体にフォーカスしたい場合に関しては縦動画が1番アイキャッチとして強いんですよね。

Neu Blitz
Neu Blitz

その見たインパクトからサウンドが流れてくるじゃないですか。

そのサウンドが流れてる間に横画面の場合、もし興味ないなと思ってスクロールをされる間に映像自体が消えていく速さが縦動画に比べて3分の1速いんですよ。

だけど縦動画の場合はそれが更に3分の1長くなるんですよね。

だから見てもらってる時間が若干伸びるんですよ。

Neu Blitz
Neu Blitz

その間に音楽も流れてるじゃないですか。

もしスクロールされかけたとしてもこの見てもらってる時間が長いって事は、興味関心をその間に引く事が出来ればステイさせる事もしくは戻してもらう事が出来るんですよね。

それぐらい縦動画で配信するっていうのは自分のチャンスをね作っていく時間を伸ばす為にすごく大事な事なんですよ。

 

 

横動画から縦動画を作る時に起こる事

Neu Blitz
Neu Blitz

その元々の動画を縦でやってなかった場合、横から縦を作った時には被写体をすごくアップでやると思うんですよ。

その時にどうしても引き伸ばさなきゃいけないですよね。

パーセンテージを上げていかなきゃいけないのでHDで考えて1080×1920。

それをシネマチックにして150pxずつクロップしたとしたらそれだけちょっと狭くなるんですよね。

これを画面占有率を縦動画で作った場合って450%まで上げないといけないんですよ。

Mr.Kold
Mr.Kold

結構アップにしますね!

Neu Blitz
Neu Blitz

元々の映像を4.5倍にするって事でそれなりに荒れるんですよ。やっぱり粒の問題で。

画素が高いカメラで撮ってたらそんなにキツくないです。

例えば4Kとかだと、4Kがちょうど2倍になるんで、縦が。

だから2.25倍ぐらいに引き伸ばされるんでそれだともうちょっとマシかなと思うんですが、別にHDでも僕は良いと思ってて。

 

 

映像を引き伸ばす良さとは?

Neu Blitz
Neu Blitz

何故かと言うと、その荒れた具合がエモい!ですよ。

何か知らないんですけど、荒れた具合がエモい!

Mr.Kold
Mr.Kold

また新しい感性ですね

Neu Blitz
Neu Blitz

そうなんですよ。

デジタルが進めば進む程鮮明さっていうのを求められているようで、実は最近はノスタルジックとかフィルム感とかああいう風なのがすごく使われる事が多くて。

Mr.Kold
Mr.Kold

「写ルンです」最近また復活したりとかね

Neu Blitz
Neu Blitz

僕らからすると当たり前じゃないですか、小さい時は写ルンです以外無かったから。

それ考えると写ルンです当たり前だった時代に生まれてる人とすれば、何で今こんなに綺麗に写る物をわざわざ劣化させた物が流行ってるんだろう?って。

でも、その昭和感とか平成の頭ぐらいの感じがすごくエモいっていう感覚が今若い人達にも根付いてるというか。

Neu Blitz
Neu Blitz

だから綺麗に写せるようになればなる程、もちろん4Kとかの画質も綺麗なんだけど4Kで出しててもわざと劣化させてるのあるんですよ、フィルム感を出す為に。

粒子感を出したりとかそういう風な加工、あとはノイズ入れたりとかフィルムノイズ入れたりとかっていう加工をしたりとかもするんですよ。

そう考えたら、引き伸ばして若干荒れるぐらいっていうのはまだまだ現役と。

Neu Blitz
Neu Blitz

ブラウン管で流れてた映像があるじゃないですか

Mr.Kold
Mr.Kold

多分今の人知らないかも知れないですw

Neu Blitz
Neu Blitz

もしかしたらねw

若い人はもしかしたら「ブラウン管って何?」って思うかも知れないけど、ブラウン管っていうのがあって、テレビのね。

ブラウン管で流れてたのが大体480pxとかって言われてるんですよ。

1080pxが大体皆さんがYoutubeとかで見てると思うんですけど、約半分ぐらいの画質なんですよ。

そう考えた時にちょうど良いぐらいになるんですよね。

Neu Blitz
Neu Blitz

4Kとかを引き伸ばしたらちょうど良いぐらいになるけど、HDだとそれよりもちょっと劣化しちゃう。

でも何かちゃんと写ってない具合が、すごくエモく感じるんですよね。

Neu Blitz
Neu Blitz

被写体をめちゃくちゃ大きく写すんでアイキャッチも強いですし、そこに1番自分が持って来たいパンチラインから始める事で画面占有率が長いじゃないですか。

スクロールされていく時間帯に2秒とか3秒とかにその力を一生懸命注ぎ込めばステイしてくれる確率はすごく高くなるっていうのが、最近自分でも色んな人の映像見ててやっぱ思う所はあるんですよね。

Mr.Kold
Mr.Kold

本当に近代的な動画に対する考え方というか、スマートフォンが無かったら多分こういう発想は無かったですよね。

 

 

スマートフォンユーザーを狙った映像制作

Neu Blitz
Neu Blitz

確かにそれはあると思う。

スマートフォンの使用率、普及率がすごく上がってきてこそのどうやればもっと面白くなるかっていうのを色々試行錯誤していった結果。

多分綺麗さに関しては、若干もう天井に行きつつあるのかなみたいな。

今8Kとかもありますけど、8Kを見れる媒体がないじゃないですか。

皆さんデバイスで8Kを再生できる物を持ってる人って多分なかなかいないと思うんですよ。

100人に1いたら多いと思うぐらいだと思うんですよ。

Neu Blitz
Neu Blitz

だからそれ考えると、みなさん絶対に今スマホを持ってる人が圧倒的に多いと思うんでそれ考えると、このデバイスで出来る面白さっていうのを追求していくと逆に下方向に行ったのかなっていうのはやっぱあるんですよね。

Mr.Kold
Mr.Kold

時代の移り変わりというか

Neu Blitz
Neu Blitz

ある意味繰り返すっていうんですかっていうのもあると思うんですよ。

 

映像をクロップしていく理由

Neu Blitz
Neu Blitz

今まではその縦のクロップ上下のクロップをする事で引き伸ばした感が出てくるそのシネマチックっていうのがすごく面白かった所が、次は横がクロップされて狭くなっていくんですよね。

どんどんどんどん狭くなっていく中に表現を詰め込まないといけなくなってくるから、情報量が多いのよりは情報量が少ない方がやっぱり見ちゃうんですよね。

そこにフォーカスするんですよ。

Neu Blitz
Neu Blitz

その狭さをどうやって使うか。

どんどんどんどんもっと狭くなっていくかもしれないし、そうなってくるのかっていうのは今の所はまだちょっと読めてないんですけど、ただ、今まで被写体が真ん中にあったとして、その横にあたロケーションとか映像っていうのがだんだんこう狭くなってきて本当にこの人物にフォーカスする映像が増えて来たんじゃないかなってのは。

もちろんその後ろにあるロケーションも大事ですけど、全体的な雰囲気っていうよりかは被写体に合わせてくる映像作品っていうのが最近増えてきてるなっていうイメージです。

Neu Blitz
Neu Blitz

だからもしMusic Videoとか作る時は、真ん中に合わせられるコマも検討しながら映像を作っていくと、その縦動画にした時、違和感無く、面白いぐらいで、若干外れて見えなくなったりするのもまた良かったりするんですよ。

Mr.Kold
Mr.Kold

それはそれでまたエモいとw

Neu Blitz
Neu Blitz

そう!エモいんですよねー。

だからそのエモさを追求していって良い動画を皆さん是非出して欲しいなと思って、縦動画是非挑戦して欲しいなって思います。

横で見てるのを縦に変えるだけでも全然僕印象変わったんですよ!

そこら辺も含めて、Youtube Shortとか…

Mr.Kold
Mr.Kold

あ、そういえば何か上がってましたよね?

Neu Blitz
Neu Blitz

うちも上がってますね。

最近出した楽曲を僕のプロデュースで出した曲がありますので、下記リンクからチェックしてください!

同じ楽曲だけど多分ちょっと印象が変わると思います。

是非その辺も含めて縦動画挑戦してみてはいかがでしょうか?

MV通常版↓

 

MV縦動画Short版↓

 

 

まとめ

Neu Blitz
Neu Blitz

ということで、縦動画が熱いっていう話だったんですけど

Mr.Kold
Mr.Kold

縦動画も熱かったんですけど、Neu Blitzも熱かったですねw

Neu Blitz
Neu Blitz

俺汗かいてるもん、今w

そして、最近気づいたんですよ。

僕、音楽家じゃなくて映像監督になってるんですよw

こんな事言って良いのかな?w

Neu Blitz
Neu Blitz

映像と音楽とどうやって皆さんに伝えていくかっていうのを考えてる事が多いので、多分、同じように考えてる方もいらっしゃると思うんですよね。

だから是非挑戦してみてやってみたらわかると思う、縦動画のエモさが。

横じゃ出来ない事が出来ると、逆も然りで、縦じゃ出来ない事は横でも出来る。

だから両方準備出来るようにするのは、使い方や適材適所でポストするモノに応じて、そういう風に作っていくのは結構ありかなと思いますので検討してやってみて欲しいなと!

Mr.Kold
Mr.Kold

やってみます!

Neu Blitz
Neu Blitz

本日は以上です!

では次回の動画で会いましょう!

またね!

Neu Blitz
Neu Blitz

ちぇーっす!

Mr.Kold
Mr.Kold

ちぇーっす!

疑問、リクエスト、感想などありましたら、コメントやお問い合わせよりよろしくお願いします!

Youtubeに動画もあります!↓

コメント欄 (質問、感想などご気軽にどうぞ)

タイトルとURLをコピーしました