プリプロ&コミュニケーションの重要性!これだけで劇的に変わった!kaitoのRingtone制作秘話-vol.2-

Interview
プリプロ&コミュニケーションの重要性!これだけで劇的に変わった!kaitoのRingtone制作秘話-vol.2-

※この記事はYoutubeの内容をブログ用に書き直したものです。

Youtube本編はこちら↓

 

Neu Blitz
Neu Blitz
どうもお疲れ様です!
Mr.Kold
Mr.Kold
お疲れ様です!
kaito
kaito
お疲れ様です!
Neu Blitz
Neu Blitz
NBK LabのNeublitzと
Mr.Kold
Mr.Kold
Mr.Koldです!
Neu Blitz
Neu Blitz
ちぇーっす!
Mr.Kold
Mr.Kold
ちぇーっす!
Neu Blitz
Neu Blitz
本日も前回引き続き、特別ゲストに来てもらっています!
ちょっと紹介してもらって良いですか?
kaito
kaito
改めまして、
ENA Entertainment Factory所属ダンスボーカリストのkaitoです!
よろしくお願いします!
ENA Entertainment Factory所属のkaito再び登場!詳細は以下よりどうぞ!

 

Neu Blitz
Neu Blitz
歌って踊れるコメディアン?w
kaito
kaito
コメディアンじゃないです!w
アーティストです!
Mr.Kold
Mr.Kold
引き続き、うまっ、たってもどれるコメディアン…
めっちゃ噛んだやん!w
Neu Blitz
Neu Blitz
歌って踊れるコメディアンで活動してるアーティストね!w
kaito
kaito
(僕ってどっちだっけ?)

 

Neu Blitz
Neu Blitz
はいということで、前回の動画も出ているので是非まだ見てないって方は下のリンクからチェックしてもらえたらなって思います!

NBK Labに初ゲスト!?歌詞の表現法について!kaitoのRingtone制作秘話-vol.1-
NBK Lab第7回目!kaitoをゲストに迎えRingtone制作秘話を公開!今回は歌詞の表現法について話しています!

 

Neu Blitz
Neu Blitz
この企画はですね、
DTM始めた方、宅録ユーザーさん、1ステップ上の制作を目指してる方向けにTipsとか色々流していきますので、是非みなさん、チェンネル登録よろしくお願いします!
Mr.Kold
Mr.Kold
お願いします!
kaito
kaito
お願いします!

 

 

Neu Blitz
Neu Blitz
ということで、前回引き続きMr.Koldに司会進行してもらって
Mr.Kold
Mr.Kold
はーい!
Neu Blitz
Neu Blitz
(テンション高いな)
Neu Blitz
Neu Blitz
2月22日でしたっけ?
Mr.Kold
Mr.Kold
2月22日発売ですね
Neu Blitz
Neu Blitz
配信を始めたkaitoさんのRingtoneについて、
制作のちょっと裏話とかしていこうかなと思ってます!
Mr.Kold
Mr.Kold
では、今回はMr.KoldがkaitoのRinftoneを掘り下げていっちゃいまーす!
Mr.Kold
Mr.Kold
個人的に気になるところがありまして
僕もプロデュースを少しやったりするんですけども、
アーティストとの制作フローみたいなやつあるじゃないですか?
Mr.Kold
Mr.Kold
「楽曲渡す」「歌詞を書いてもらう」「歌詞こうして欲しいなどの指示」そういうコミュニケーションや作業フローは今回どういう形でやったのかなっていうのをちょっと教えて欲しいです!

 

 

制作のやり方

 

Neu Blitz
Neu Blitz
今回の制作フロー?
Mr.Kold
Mr.Kold
そうです、今回の制作フローです
Neu Blitz
Neu Blitz
ざっくり言うと、まず前回のところでお話した通りブラソングを作ろうってなって、
NBK Labに初ゲスト!?歌詞の表現法について!kaitoのRingtone制作秘話-vol.1-
NBK Lab第7回目!kaitoをゲストに迎えRingtone制作秘話を公開!今回は歌詞の表現法について話しています!
Neu Blitz
Neu Blitz

基本的にこういう風な曲を作る時って「トラック作って」「歌詞を書いてもらって」「レコーディングやる」みたいな感じじゃないですか?!

Neu Blitz
Neu Blitz
だからまずトラックから作ったんですよ。
Neu Blitz
Neu Blitz
その後 ”Take it easy”はほぼ一緒に歌詞を何回か集まりながら書いたんですけど、今回に関してはリリックも全部僕が書くことにしたので、
Neu Blitz
Neu Blitz
リリックを書いて出来たその日に集まって、
僕が歌いながらこんな感じのメロディーだよってリリック送って
それをkaitoのパソコンにGarageBandっていうソフトを使って、メロディーを忘れないように声を入れといて、
Neu Blitz
Neu Blitz
それを持ち帰ってもらって、
そこからkaitoさんが自分で歌い込みして、それを僕に送ってもらって、
「もうちょっとこんなしてあんなして」っていう風な感じでゲネプロではなくて…何でしたっけ?
Mr.Kold
Mr.Kold
プリプロ?
Neu Blitz
Neu Blitz
プリプロか!
プリプロみたいな感じにして、そこが終わってスタジオって感じですね。
Mr.Kold
Mr.Kold
いつもはこれと違うやり方なんですか?
Neu Blitz
Neu Blitz
僕初めてやったんですよ、これ。

 

 

初めての制作フローのメリットとは?

 

Mr.Kold
Mr.Kold
プリプロあんまりやらないんですか?
Neu Blitz
Neu Blitz
自分で曲作って、自分で歌う時にはプリプロしてるんですけど、
人と一緒にやる時にプリプロする時間っていうのがあんまり無いんですよ。
Neu Blitz
Neu Blitz
プリプロする為にスタジオ入るっていうことがなかなか無かったので。
Neu Blitz
Neu Blitz
レコーディングするよって入ったらもう本番みたいな感じのが基本っていう感じだったので、
(今回みたいな制作は)初めてやったけど、これは結構良いなって個人的には思ってます。
Mr.Kold
Mr.Kold
入ってすぐ録る…ラッパーさんとか結構そんなイメージですよね。
「トラック提供して」「歌詞を考えてきてもらって」「ラップしてもらったのを録って」「パッケージする」みたいな。
Neu Blitz
Neu Blitz
そうそうそう。
だからもう出来上がりがすごく早いんですけど、今回は結構、時間がかかったなっていうのがありますね。
Mr.Kold
Mr.Kold
でも、その分なんか曲の想いみたいなやつがしっかり詰まっているというか、
ディティールが…こう伝えたいみたいなものが良い感じにハマってる感じありますよね、今回!
Neu Blitz
Neu Blitz
個人的にもそう思います!
Neu Blitz
Neu Blitz
どうですか?
「うん」しか言ってないけどw
kaito
kaito
僕もそう思います、もちろん!w
Mr.Kold
Mr.Kold
でも、逆に初めてなんじゃない?
レコーディング前にこういう感じで練習してって言われて、練習したのを送るっていうのは他の人もなかなかやらないじゃない?
kaito
kaito
初めてやったので、このRingtoneを機に。
kaito
kaito
前回の”Take it easy”っていう曲は、そういうプリプロ無しで集まった時に得た情報だけを持ってレコーディングに臨ませて頂いて、
結構グダグダだったんですよね…。
Neu Blitz
Neu Blitz
そうだね。
kaito
kaito
メロディーラインもそうだし、ピッチもそうだし、
色んな部分でグダグダで…。
言っちゃああれなんですけどディテールまで詰めれなかった。
思うように詰めれなかったっていう印象がデカかったんですけど、
kaito
kaito

今回のRingtoneに関しては前もって下準備が色々と出来たので、

声録った時間でいったら2日間で合計6時間ぐらいなんですけど、

その分より細かくディテールを”Take it easy”の時に比べて詰めることが出来たので、そこはすごい良い点だなと感じております。

Neu Blitz
Neu Blitz
しかも、この1日目と2日目で3時間3時間で録ったんですけど、
Mr.Kold
Mr.Kold
短いね、3時間って
Neu Blitz
Neu Blitz
わざと分けたんですよね!

 

 

レコーディング日を分けた理由

 

Neu Blitz
Neu Blitz
1日目でこのメインのパート、あとユニゾンとか、所謂同じ音色で歌えるところは基本的に録って、
翌日に他のコーラス、ハモ、フェイクとかそういうところを録ったって感じです!
Neu Blitz
Neu Blitz
1日置いてるから音色違っててもギャップを2日目に持って来れるんで、
アーティストとしても疲労っていうかこの体力的なところも上手く分けれたかなというのはあります。
Neu Blitz
Neu Blitz
だからすごくスムーズだったよね?
kaito
kaito
スムーズでした!
Neu Blitz
Neu Blitz
録った時はスムーズに出来たなっていうのがすごく感じました。
特にメインのパートに関しては、元々プリプロみたいな感じでやってもらってるんで。
kaito
kaito
確かに!
Neu Blitz
Neu Blitz
すごい早かったよね?
kaito
kaito
パッと終わりましたね
Mr.Kold
Mr.Kold
確かにTake it easyはなかなか苦戦してたイメージがありましたね、
お互いの話を聞く感じだと。
Neu Blitz
Neu Blitz
何故かというとそれは…

 

 

前回上手くいかなかった理由分析

 

Neu Blitz
Neu Blitz
まずkaitoさんのちゃんとしたレコーディングをするのが初めてだったので。
Mr.Kold
Mr.Kold
(ENAで)初めてのシングルだもんね
Neu Blitz
Neu Blitz
そうそうそう。
ちょっとしたレコーディングみたいなのは、フリー音源でやってたことがあるんですけど、全部中途半端だったんですよ。
Neu Blitz
Neu Blitz
仕上げるところまではいってなくて、”Take it easy”初めて仕上げたんですけど、
やっぱり声の質とか色んなところで自分の思ってるのとは違ってたりした部分があったんで、僕的には、少し難しかったなっていうのはありますね。
Mr.Kold
Mr.Kold
今回は、事前にkaitoに歌ってもらったデータを送ってディレクションしたから上手くいったっていうことですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
”Take it easy”の時はトラックのKeyはそのままでやったんですよ。
元々作ってたKeyで。
Neu Blitz
Neu Blitz
だけど、”Ringtone”は+5か
kaito
kaito
+5ですね
Mr.Kold
Mr.Kold
結構いじりましたね
Neu Blitz
Neu Blitz
だから当初のトラックよりはちょっとイメージが違うっていうか。
Keyが変わり過ぎて、イメージはちょっと違うかもしれないです。
Neu Blitz
Neu Blitz
元々僕が歌わなきゃいけなかったんでそのKeyに合わせてるんですよね。
それをkaitoさんのKeyに合わせる為に、5か6かで迷ったんだけど、
6だと少し高過ぎたんで5にしたという感じです。
Neu Blitz
Neu Blitz
Keyが合っているっていう所もスムーズにいく為に大事だったかも知れないですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
そこがトラックメイク出来る所の利点かもしれない。
トラックを販売で買ってしまったらKeyが決まってるじゃないですか。
Neu Blitz
Neu Blitz
このKeyで良いメロディーが作れる、
どのKeyでも良いメロディーが作れるっていうのはすごく大事な技術っていうか、
普通に自分で作ってる人達ってなかなか分からなくて難しい所あるじゃないですか。
Neu Blitz
Neu Blitz
思ってるよりもHookはすごく良い感じで出ても、
Verseはメチャクチャ下がってるとかあると思うんですけど、
今回は結構kaitoさんの良い声の部分をすごく抽出できてるかなって、個人的に思ってます。
Neu Blitz
Neu Blitz
だから歌っててもそんなに辛くないでしょ?
kaito
kaito
全く辛くなかったです!
Neu Blitz
Neu Blitz
そんな感じはあるなって思います。

 

 

今回のコミュニケーションを振り返ってみて

 

Mr.Kold
Mr.Kold
今回は初めてやったディレクションは良い感じにコミュニケーションを取りつつできた感じなんですね。
Neu Blitz
Neu Blitz
もう良く送ってもらってたからね。
kaito
kaito
本当に2日に1回は音源送って修正しての繰り返しだったんで。
Neu Blitz
Neu Blitz
レコーディングの日は決まってたから、それまでずっとそんな感じ。
Neu Blitz
Neu Blitz
だから「送ってもらう」「何か言う」「直す」「送ってもらう」「何か言う」みたいなのをもう本番までずっとやってる
kaito
kaito
20回ぐらいやりましたね
Neu Blitz
Neu Blitz
結構やってると思う
kaito
kaito
それで本番臨ませて頂いたので。
Mr.Kold
Mr.Kold
それやったらもうその言われたやつをしっかりやっとけばOKだもんね!
kaito
kaito
そうそうそう、そうなんですよ!
Neu Blitz
Neu Blitz
それでもまぁ、上手くいかないとこはあるけどね。
しょうがないけど、でも、急に入るよりかはすごく良い感じでできたと思います!
Mr.Kold
Mr.Kold
歌い手としてスタジオ入って「じゃあ歌って」って言われて、
「違うなー」って実力的に及ばないところの話されると、
もうどうしようもないもんね。
先に言っといてくれよみたいなところもあるもんね。
kaito
kaito
まさに”Take it easy”がそうでしたね。
もう壁にぶち当たりまくったレコーディングでした。
Neu Blitz
Neu Blitz
確かにね、あれは結構大変でした。
kaito
kaito
酷かったですよね、結構…。
Neu Blitz
Neu Blitz
酷かったよねw
でも、ここが多分プロダクションの強みもあると思うんですよ!

 

 

プロダクションとしての強みとは

 

Neu Blitz
Neu Blitz
今回のこの制作フローに関しては、
プロダクションの中にトラック作る人がいて、レコーディングする人もいて、アーティストもいて、すぐに修正が出来るし、送り合って、
Neu Blitz
Neu Blitz

インターネットの環境で離れてても自分でできることと、こっちで出来ることというのが毎回会わなくてもやっておけば、

本番迎える時にすごく良い感じに仕上がる

これに関してはすごく…僕も初めてやったけど、プロダクションの強みだなと思いました。

Mr.Kold
Mr.Kold
コロナとかでオンラインで顔見ながら話もできるようになったのもちょっと良い影響があったかもしれないね。
Neu Blitz
Neu Blitz
それはあると思いますね。
kaito
kaito
確かに!
Neu Blitz
Neu Blitz
だから色々とコミュニケーションの仕方っていうのは大事だと思うんだけど、
やっぱり良い曲作りたいなって思ったらこれぐらいのコミュニケーションは必要なんだなっていうのはすごく学びましたね、僕も。
Neu Blitz
Neu Blitz
ただトラックあげて相手がリリック書いてきて、本番ただ迎えてバッてやるよりかは、
こういう風な打ち合わせではないけど、良い曲作る為のコミュニケーションの取り方っていうのはこの曲で学んだなと思います、僕も。
Mr.Kold
Mr.Kold
良いですね、何か。
そういうのもありつつの”Ringtone”
Neu Blitz
Neu Blitz
是非、みなさん、下のリンクから聴いてください!

Ringtone
1st Degital Single"Take it easy"から半年、kaito待望の2nd Degital Single"Ringtone"が配信開始!! 離れて会えない、時間が合わなくて会えない、だけど繋がっていたいという気持ちを電話の呼び出し音で表現した1曲。 前回とは変わり今回は初のラブソングとしてプロデュ...

 

 

まとめ

 

Mr.Kold
Mr.Kold
ということで「kaitoの”Ringtone”を掘り下げる」をやってきましたけども、
みなさん、どうでしょうか?
Neu Blitz
Neu Blitz
そういう企画なんだ!w
今気づいた!w
Mr.Kold
Mr.Kold
結構こういう裏話とか聞けなかったりするんで
Neu Blitz
Neu Blitz
そうだよね、僕も話さないですしね。
Mr.Kold
Mr.Kold
なかなか面白いことじゃないですか?!
Neu Blitz
Neu Blitz
それは思いました!
「こういう風に作ったんだ!」っていうのが、また何回かね後あると思うんですけど、そこでもうちょっと裏話も含めて制作のフローとか何か参考になればなと思いますし、
Neu Blitz
Neu Blitz
実際にもうちょっと掘り下げて欲しいっていうのがあれば質問などで是非教えてもらえたら、
その時はkaitoさんいるかは分からないですけど、
僕ら2人だけになるかもしれないけどw
Neu Blitz
Neu Blitz
また呼ぶのもちょっとね…
kaito
kaito
なんでやねん!w
呼んでくださいよ!
Mr.Kold
Mr.Kold
ちょっとやっぱちょっと(邪魔?)
kaito
kaito
聞こえてますけど!w
Neu Blitz
Neu Blitz
なんか狭いしねw
kaitoさんに聞きたいことがあったらコメント欄にね!
Mr.Kold
Mr.Kold
呼ばないのでw
Neu Blitz
Neu Blitz
呼ばないのでw
kaito
kaito
呼ぶ流れでしょ!w
Neu Blitz
Neu Blitz
コメディアン呼ばないのでw
是非ね、みなさんコメントの方よろしくお願いします!
Neu Blitz
Neu Blitz
ということで、次回の動画もお楽しみに!
じゃあね、ばいばい!
Neu Blitz
Neu Blitz
ちぇーっす!
Mr.Kold
Mr.Kold
ちぇーっす!
kaito
kaito
ちぇーっす!

 

コメント、リクエスト、感想などありましたら、コメントやお問い合わせフォームご気軽によろしくお願いします!

 

Youtube本編はこちら↓

 

コメント欄 (質問、感想などご気軽にどうぞ)

タイトルとURLをコピーしました